弊社では、令和元年8月20日(火)から8月25日(日)まで夏期休暇をいただいております。8月26日(月)9:00より通常営業いたします。

事業用物件(店舗・オフィス)を借りたい

理想的な店舗やオフィスを見つけるためには不動産業者の力が必要です。
無数にある店舗物件それぞれに不動産業者がついており、それらが業者間で流通しています。

中には物件オーナーが知り合いの業者だけに情報を流していることはありますが、原則としてどの業者にテナント探しを任せてもほとんど同じ物件情報が手に入ることになります。

それを踏まえて、弊社にテナント探しをお任せいただくとどういうメリットがあるのかをご説明します。

 

リブリッシュの4つのオススメポイント

1.宅地建物取引業者

弊社は東京都から宅建業の免許を受けていることは当然だとしても、業務に従事する者すべてが宅地建物取引士の資格を持っております
また、一般的な「お部屋探し」は行っておらず店舗やオフィスの仲介に特化しております。

これにより、お客様は専門的かつ親身なサービスを受けることが可能です。

 

2.物件オーナーからの情報

弊社役員は、長く行政書士として許認可に携わってきたことで、複数のテナントビルオーナーとも直で付き合いがあります
従って、業界内または一般に物件情報が出回る前に空き予定情報を入手することもできます

 

3.営業許可を見越した物件の選定

お客様が経営したい事業の内容によっては営業許可が必要となり、その許可の要件として店舗、オフィスそのもののルールを定めていることが非常に多く見受けられます

立地から内部の構造や面積などについてルールを満たしていないとその営業許可が取得できません。
これはもちろん大損害です。

弊社は、営業許可の要件についても把握しており、それを踏まえて物件をご提案します。

 

4.ワンストップサービス

店や事務所を完成させるまでには物件契約、造作譲渡、内装工事などいろいろな調整が発生します。

通常、不動産業者と内装業者は別業者となることが多く、これらをうまくまとめるためには不動産業者と内装業者をうまく連携させることが必要ですが、別業者だとお互いの利害も異なりそう簡単にはいきません

弊社であれば宅建業の他にも建設業許可(内装工事業)を保有しておりますので窓口を一本化できるだけでなく不動産業の側面と内装業の側面がもつ利害を社内で調整することができます

それはすなわち、お客様にとって利益となるのです。

 

できるだけ早い段階でご相談ください

店舗やオフィス物件は事業内容により妥協できない条件が多くなりますので、お店のオープンや事業開始を決断してからできるだけ早い段階でご相談いただくことが重要です。

また、営業許可が関係する場合は立地(用途地域や周辺環境等)や内部の構造が要件となっている場合も多く、その要件を見過ごしてしまった場合は開業ができない、または物件のキャンセルなどもあり得ます。(物件の早期キャンセルは違約金が請求される場合も多くあります。)

弊社では物件そのものの性質はもちろん、ソフト面(許認可等)からも調査し、最適な物件をご紹介します。
ぜひお気軽にお問合せ下さい。ご相談は無料で承ります。

 

下のメールフォームからすぐにお問い合わせができます

 

必要事項を入力したあと、入力内容確認画面へ進んだ上で、内容に間違いがなければ「送信」ボタンを押してください。

入力いただいた個人情報については、プライバシーポリシーの通り取得・利用し、厳重に保護・管理いたします。

※24時間365日受付中
※弊社休業日を除き、24時間以内にはご返信いたします。

【弊社からの連絡方法についての希望】
特になしメールでの連絡を希望電話での連絡を希望

入力後、下の「入力内容確認画面へ」ボタンを押してください。
送信前に入力内容がご確認いただけます。

※この時点ではまだ送信されません※

その後、「送信」ボタンを押すとお問い合わせが送信されます。

お電話の方はこちらから

スマートフォンからご覧の方は下のボタンをタップで発信できます。
業務上の都合により営業時間内でもお電話に出られない場合があります。その場合、着信番号を見て折り返しご連絡することがありますので、気になる方は非通知でおかけになられてかまいません。

 

投稿日:

Copyright© 株式会社リブリッシュ│不動産の売却・購入から担保活用などのお手伝い , 2019 All Rights Reserved.