介護事業者の方へ│介護保険による住宅改修の際はリブリッシュへ

介護保険における要介護・要支援認定を受けている方の住宅改修については支給申請そのものはもちろん、その施工業者の選択も重要です。

弊社は主に老人介護施設の大規模リフォームを中心に、様々な個別工事を取り扱っております。
さらに、福祉住環境コーディネーター2級の保有者が所属していますので、各種打ち合わせや改修費の支給申請もスムーズに行えます。

 

リブリッシュの特徴、メリット

弊社では具体的に以下のような点において住宅改修工事のフォローを行います。

介護事業者様は必要最低限の指示と書類作成のみで業務の効率化が図れます。

現地調査~写真撮影

工事着工前に必要な現地の確認、写真撮影などから弊社にお任せいただくことができるのは当然ですが、これまでも介護保険による住宅改修費支給申請案件の工事に多く携わっています。
工事完了後の報告のことも念頭に入れて対応しておりますので、写真撮影についても枚数、アングルなどを瞬時に判断し、速やかに業務を完了します。

 

測量~図面作成

弊社には書類作成のプロである行政書士が役員として所属しています。

主に許認可業務を扱っていることから行政側が意図することを常日頃から理解しており、住宅改修費の支給申請書に添付する図面においても、どこをどう表現すれば行政側にとって喜ばれるのかという観点に立つことができます。

添付図面の趣旨を理解し、過不足ない測量を専用機器を利用してスムーズに行うだけでなく、提出する図面についても行政書士の業務の中で平面図などを作成することが多いため、専用のCADを使用し、速やかに見やすい図面を作成することができます。

 

理由書の作成

支給申請書に添付する理由書については原則として、介護事業者様にお任せしております。
これはやはり介護事業者様が日々、トータルで利用者様のことを把握されているため、総合的な判断による理由書作成ができると弊社は考えているためです。

ただ、「急がなければいけないがケアマネ(または作成スタッフ)の手が空かない」などのご事情があれば弊社にご相談ください。
弊社には理由書を作成することが容認されている福祉住環境コーディネーター2級の資格者がおります。(平成30年に頑張って取得しました…)

介護事業者様の業務をフォローさせていただきます。

 

施工

弊社では介護事業者様の想定や指示に基づいて心を込めて施工を行います。

施工管理の担当者は介護に関する工事に精通し、信頼できる職人さんも確保しておりますので、介護事業者様の信頼に傷をつけることもありません。

その工事の成果によって利用者様が安全に自立されることはもちろん、日々介助を行っているご担当者やご家族、ご親族の方の負担が少しでも減らせるように心がけています。

 

お問い合わせ

初めてのご相談の方は内容を問わずこちらのメールフォームまたはお電話をご利用ください。

お問い合わせいただきました内容は、弊社が掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。
詳細につきましては、当サイトの「個人情報保護方針」をご参照ください。

 

メールでのお問い合わせ

以下の入力欄に必要事項を入力し、入力内容確認画面へ進んだ上で、内容に間違いがなければ「送信」ボタンを押してください。
※「入力確認画面へ」をクリックしただけではまだ送信されませんのでご注意ください。

【弊社からの連絡方法についての希望】
特になしメールでの連絡を希望電話での連絡を希望

入力後、下の「入力内容確認画面へ」ボタンを押してください。
送信前に入力内容がご確認いただけます。

※この時点ではまだ送信されません※

その後、「送信」ボタンを押すとお問い合わせが送信されます。

※24時間365日受付中
※原則24時間以内にはご返信いたします

お電話の方はこちらから

スマートフォンからご覧の方は下のボタンをタップで発信できます。
業務上の都合により営業時間内でもお電話に出られない場合があります。その場合、着信番号を見て折り返しご連絡することがありますので、気になる方は非通知でおかけになられてかまいません。

 

投稿日:

Copyright© 株式会社リブリッシュ│不動産の売却・購入から担保活用などのお手伝い , 2019 All Rights Reserved.